セブン薬局
有限会社セブンメディカル|大阪府羽曳野市恵我之荘4丁目4番16号|TEL : 072-953-9911/FAX : 072-953-9020

役立つ情報

過去のお役立ち情報

子どもと体温

  • ☆正しく測定平熱を知りましょう♪

    子どもと体温

    機嫌が悪かったり、ぐったりしていたり。子どもは体調が悪くても、言葉でうまく伝えられません。そんな時、体温を測ると、病気かどうかを見極める大きな手がかりになります。日本人の平熱はどのぐらいなのかを、50年以上体温の研究を続ける、ひかりクリニック(山梨県甲斐市)院長の入来正躬(いりきまさみ)さんらがかつて、10~50歳の男女約3000人を調査したところ、平均値は36.89度で、7割強が36.6度~37.2度の間でした。「体温には個人差があり、この値が正常という数値は決まっていない」そうです(by入来さん)

    そうなると、「平熱からどのぐらい高いか」が体調の異常を推し量る目安になります。まずは、平熱を知ることが大切です。

    体温は1日の中でも変化し、測る部位でも差が出ます。テルモ体温研究所(東京都千代田区)所長の和田優子さんは、「体調の良い時に、同じ部位の体温を、起床時など時間帯を決めて、日をあけて何回か測ると、体温の変化や平熱の範囲がわかります」とアドバイスしています。

    正しい測り方も知っておきましょう。わきの下では、〈1〉わきの汗をふく〈2〉測定部分(先端)がわきのくぼみの中央にしっかりあたるよう、斜め下から上に体温計を押し上げるように入れる〈3〉測定する側の手のひらは上に向け、反対側の手で肘を押さえ、密着させるのがポイントです。乳幼児なら大人の膝に乗せ、後ろから抱きかかえるようにして、大人の手で肘を押さえましょう。


    体温計の仕組みによって計測時間が異なるため、説明書で確かめよう。じっとしていられない乳幼児は、耳の穴に入れて測る体温計を使うと約1秒で測れます。


    (2011年9月4日 読売新聞)



    ☆セブン薬局では<知っておきたい体温の話;TERUMO>冊子をご準備し、患者様の相談にお答えしています。